上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日は久しぶりに大阪でした。
と言ってもまだガンバは始動前ですので、万博ではなく、大阪市内でフットサルです。ツレが。

再来週のスタジアムイベントのフットサル大会に出るお友達夫婦から、
「ツレくんも出る?」…と声かけてもらったので、ぜひにと。

優勝商品(?)選手とのPK対決をGETしてきて〜〜!!


でもまあ、
2時間ほどの練習を眺めてたところ、ツレはプレー以前に、
目の前に転がってるボールを前かがみになって拾うあたりで既に、お腹が障害になって四苦八苦……
というレベルでしたので、優勝求める前に、試合に出してもらえるといいね……
というところに目標設定を変更したんですけども。




昨シーズン末で止まってる日記ですが、
あーだこーだ言ってるうちにいよいよ新体制が始まっちゃいそうです(^◇^;)

なんか夏休み終わりの宿題やってない小学生みたいな。
まあ、かまわずスローペースでしか進めませんが…。




京都サンガのホームは、「京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場」です。
名前長い。長すぎる。

J2は一年限り!…と思い、去年はアウェイもけっこう行っていました。
数あるJ2のスタジアムですが、ワタシの中でのNO1アウェイがココ。


と言っても、お友達の力でとってもらったチケットが素晴らしかったんですが。



この日ワタシがいたのはエキサイティングシートっていう席でした。
万博にもピッチサイドシートはありますが、ココがすごいのはその位置。
ベンチに置いてある選手の私物に手が届きそうな、ガンバのベンチのすぐ真横です。
20140115024014677.jpg
ベンチパイプ椅子なんだね…??



控え選手のアップは、ワタシたちのすぐ後ろ。
むしろ試合より後ろの選手が気になって仕方ありません(^◇^;)

ちなみに、席の後ろの撮影はその場で係員さんに言われて禁止…。
まあ、あの距離でパシャパシャやられたら、選手も落ち着かないでしょう。
ワタシもあの至近距離の選手撮り放題だったら、落ち着きませんよ。


それでも、
201401150240122b9.jpg
遠藤さん目の前(>_<)!!同じ目線!!


201401150240137af.jpg
加地さんも目の前(>_<)!!え??こっち見てる??←妄想全開




遠藤さんの捨て身のスライディングや、今野さんの何がどうなったとは言いづらいけど悶絶シーンなどは、
迫力の一言でした。
近くで見ると、あんな動き速いの??あんなにガシガシぶつかってんの??一流スゴい。




でも、こっそり盛り上がったのは全く別のトコ〜。

ワタシたちのシートは巨大な台車みたいなとこにベンチが3列組んである構造で、
一番後ろの席は、アップしてる選手のちょうど頭の高さです。

ちょうど、体をほぐしつつ手をかけるにはぴったりな高さなんでしょうね??


日本人控え選手はワタシたちから5mばかり離れてましたが
外国人選手はワタシたちがいても全く構わず、
ワタシたちの頭の10センチ横の手すりにつかまってアップ&休憩。



うわー。ロチャさんの手がワタシの耳の横に〜。…近い!!って盛り上がるにしても近すぎて振り向けない〜。
その気になれば鼻の頭舐められる距離〜!!いや、舐めないけど〜〜!!


ジェソクくん、ワタシも含め、きゃーきゃー言ってる女性と目が合うと、いちいち笑顔でにっこり!
韓国男性ってイタリア人だって話だったけど、(←?)ホントだわ〜!!


で、
ロチャさんに至ってはそのうちワタシたちの反応が面白くなったのか、

ツレのポンチョのフードを後ろから引っ張って脱がす
→驚いて振り向くツレに、横を向いて知らんふり
→再度ツレのフードを引っ張って脱がす
→振り向くツレに「え?オレ。知らないよ?」(というジェスチャー)
→さらに「コイツだよ。コイツ!」(…と通訳さんを指差すジェスチャー)
→笑顔でツレに手を振って去る

……なんていうやりとりまであって大笑い。
いや今試合中〜〜〜!!!



雨の中の激闘&勝利が霞むほど、関係ないところで盛り上がっていたのでした。
また行きたい〜!!プレーオフ、ホント京都に上がって欲しかった(T_T)



結構広い陸上トラックがあるから、スタンドからの見にくさはきっと万博とどっこい。
スタジアムグルメはそうでもないけど、京都駅経由なら美味しいものなんでもある。

総合的にとてもいいスタジアムでした。


また行きたいな〜!!来季は頑張れ京都〜!!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://piyoyatto.blog.fc2.com/tb.php/551-bb255f95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。