今日、西野監督の解任が、クラブより正式に発表されました。


クラブの発表した西野監督のコメントによれば、
「昨晩、解任についての話があり、昨日の今日でまだ整理がついていない」
…とのこと。

細かい経緯や事情は分からないので、
周囲が何とも言えないのだとは思いますが、
10年もガンバを率い、
毎年優勝戦線に絡む強豪チームを作り上げてきた功労者に対して、
もう少し配慮があっても良かったのでは、との思いです。


新しい風を入れるという考え方は、一つの考え方として正しいと思います。

でも、これまで西野さんとフロント側が、解任について話し合う場をもたず、
西野さん本人への正式な通知のない状態で、すでにメディアが動いているという
今回の事態に少なからず疑問を感じてしまいました。



浦和の次期監督は元代表監督の岡田さんという線が濃厚だそうですが、
当初は西野監督が筆頭候補とされ、クラブからの接触もあったとか。

来季の契約について、わずかでも事前の折衝がされていれば、
西野さん自身、浦和、若しくは他クラブからのオファーに対して、
前向きな選択も為し得ただろうと思うのです。

10年という長期間、ガンバ大阪を共に支えてきた監督とフロントが、
そのような関係しか築けずにいたという現実に対し、
残念な思いは禁じ得ません。



私個人としては、西野監督のガンバ大阪を、
たった1年しか見られなかったことがとても残念です。

来季、西野さんがどのような進路を選択されるのかわかりませんが、
ガンバ大阪という魅力的なクラブを、
10年という長い間支えてきてくださった西野さんに感謝すると共に、
これからのご活躍をお祈りさせていただきたいと思います。
 
 あと2試合、西野ガンバの底力を、見せつけてください。応援しています!!

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://piyoyatto.blog.fc2.com/tb.php/53-a9eb3810